teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


吹奏楽部OB会 開催

 投稿者:サキハン  投稿日:2015年 9月25日(金)18時56分48秒
返信・引用
  明日 9月26日(土) てだこホール 市民交流室 にて
18:30より 那覇高校吹奏楽部OB会 が行われます。

懇親会では、現役の応援も加えてOBによる吹奏楽、サックス4重奏

MJOによるジャズの演奏も予定されています。26期卒では吹奏楽部に

関係した方は10数名いたと思います。演奏に2名加わります。参加宜しくお願いします。

https://youtu.be/CUmmSHhMu90

 
 

ウークイと「五山の送り火」・・・徒然なるままに

 投稿者:宮里賢  投稿日:2015年 8月30日(日)00時15分54秒
返信・引用
  g.kさん。2000年夏の高校野球。那覇高の2回戦を甲子園で応援しましたか。私も、あの日、あの時、甲子園で応援しました。応援席から離れていたので、仲村先生が校長先生とは知りませんでした。
その前年、1999年春の高校野球。沖縄尚学高校が県勢悲願の初優勝を果たしましたね。その春、在職していた四年制専門学校の集中講義で神戸校に通っていたので、沖縄尚学優勝記念のボール等を注文し、夏の帰省時の悪友達への土産としました。

その悪友の一人、平良宗秀君と、10年程前のウークイの晩に会食していると、彼に電話が入りました。当時、彼は、県の基地対策課長か基地防災統括官(?)を務めていました。ウークイ明けの翌日未明、嘉手納基地で早朝発進の連絡が入り、抗議(もしくはその準備)を指示したようでした。さすがに、今年のウークイ明けである今日、29日未明の早朝発信はなかったですね。
皆さんは、ウークイを、旧暦7月15日の晩、今年は昨28日の晩に執り行ったのでしょうね。しかし、私達が幼稚園や小学生の頃は、那覇でも、旧暦7月16日0時以降に執り行う家庭もかなり有りました。嘉手納基地周辺では10年程前でも、旧暦7月16日未明に実施する家庭もそれなりに有ったことでしょう。旧暦15日に実施する家庭でも旧暦16日に就寝する家庭は多いはず。そういう地元の大切な伝統行事・慣習への配慮が足りなかったのですよね。

お盆が、亡くなった御先祖をお迎えする行事である以上、13日にお迎えした御先祖の霊は15日までお泊り頂き、16日にお送りするのが本来の姿ではないでしょうか。
その伝統を現在でも、守り続けているのが、京都の「五山の送り火」です。「五山の送り火」は、月遅れのお盆の8月15日ではなく、その翌日の8月16日に執り行います。
今年も、実施の前後に小雨が降ったものの、8月16日午後8時、東山、銀閣寺の背に当たる大文字山(如意ヶ岳)の「大」(大文字)に火が灯り、以下、北山の「妙法」「舟形」「左大文」、西山の「鳥居」の順に反時計周りに、火が灯っていきました。

京都の人は、「五山の送り火」を非常に大切にしています。京都以外の人は「大文字焼き」と呼ぶ人が多いですね。京都の頑固な古老の前で「大文字焼き」と呼ぼうものなら、「奈良(若草山)の山焼きとは理由が違う」と怒鳴られるかも知れません。お盆にお迎えした御先祖の霊をあの世へとお送りする「送り火」すなわち、「ウークイ」なのですから。
皆さん、京都の人の前では、「五山の送り火」ないし「大文字の送り火」と言って下さい。

最後に、送り火に関する、軟らかい話と軟らかくない話を一つずつ。
京都では、送り火の「大」の字を映した杯の酒を、男女が共に飲むと、添い遂げられるという言い伝えがあります。残念ながら、私にはそのような経験は有りませんが。
また、明治時代に建造された京都府庁旧本館の旧知事室。送り火の「大」の字が、暖炉の上の大鏡に映るように暖炉の位置や窓が造られています。

私は、今年も、お盆に帰沖せず、親不幸しましたが、皆さんは親ないし御先祖を大切にお迎えし送られたことと思います。 やや、騒々しいですが、御先祖様の為にも、静かで平安な沖縄でありたいですね。
 

みなさん、おかわりありませんか?

 投稿者:g・k  投稿日:2015年 8月17日(月)01時14分46秒
返信・引用
  久しぶりに、投稿します。今日は、仕事があり、興南高校の甲子園野球を見ることが出来ませんでしたが、逆転で、4対3で、勝ったことを聞き、ウチナーンチュとして、嬉しく思いました。

私たちの、高校時代に、甲子園に行くことは出来ませんでしたが、何年か前、母校の那覇高校が、1回戦を勝ち、2回戦に勝ち進んだとき、急に甲子園球場まで行って見たくなり、旅行社のツアーに申し込み、1泊2日の観戦ツアーに小学生だった娘を連れて、急遽参加しました。

 甲子園球場の周りには、駐車場がないとのことで、観光バスを降りてから、だいぶ歩いて球場まで向かったことを覚えています。

駐車場から球場までの沿道には甲子園グッズを並べたお店がいっぱい・・・・ペナントや、テレホンカードを買いました(笑い)

那覇高校の応援席に着くと、なんとそこには、和夫先生が那覇高校の校長先生としていらしてました。何年もお会いしていませんでしたが、、私の名前を覚えていて下さり、「元気かあー一緒に応援しよう。」と、声をかけて頂いたのがつい、この間のような気がしますが、12年くらいはたっているでしょうか?

 連日、高校野球観戦のお客さんの様子が、テレビカメラを通して映し出されていますが、私が観戦した日、テレビに映し出されては大変・・・とばかりに、テレビカメラが、こちらの方向に向かうと、直ぐに帽子をかぶり、映し出されないようにヒヤヒヤ、気がきでなりませんでした。

なぜって、教職の身でしたので、テレビで、沖縄に中継で映し出されでもしようものなら、「アイ、先生兵庫県に行ってるわけ?」と、話題にされてしまうからです。

 今となっては、思い出ですが・・・・試合の結果は第一試合に比べ、大量失点の負け試合で、残念でした。

さて、明日は、4試合目で、ベスト4に向けての興南高校の試合ですが、沖縄県人としてエールを送りたいと思っています。

 願わくば、我が母校那覇高校が、いつの日にか、甲子園出場となってほしいと思います。
その時は、皆さん、老体にむちを打って一緒に、応援観戦ツアーに参加しませんか?(マジで)

まだ、まだ、暑い日々が続きますが、皆さんご自愛くださいね。
 

雨の祇園祭・・・・徒然なるままに

 投稿者:宮里 賢  投稿日:2015年 7月20日(月)02時46分51秒
返信・引用
  去る17日、京都では祇園祭のハイライト、山鉾巡行の日でした。

その17日夜から18日未明にかけて、天王山で有名な山崎の合戦のあった山崎を中心に、長岡京から大阪・吹田の間で、6本のJRの電車が立ち往生。17日から18日にかけての台風11号による大雨で、京阪神を中心に、JR西日本では運転見合わせなどにより、105万人に影響がでたそうです。

ニュースで放映された、18日午前1時・3時頃の鴨川。通常、膝や太もも位しかない水位が3メートルを超え、四条大橋、三条大橋の橋げたを、激しく洗っていました。鴨川と言えば河原。普段、川床を背に川風に吹かれながら、恋人同志で、恋人のいない私などは私的なゼミ仲間と共に将来の夢を語り合った、河原が完全に水没していました。

そのような雨の続いた17日でも、祇園祭の山鉾巡行、神幸祭が挙行されました。
心配された台風11号は、16日夜、高知上陸後、やや西寄りに進路変更。京阪神は暴風圏内に入ることなく、17日の出勤時には、傘も普通にさせる程になっていました。
そのような中、9時から、長刀鉾を先頭に、山鉾巡行が開始されたようです。ちなみに、山鉾は布製の前懸、胴懸だけでも新調すると数千万円、中には億を超すものもあり、防水シートを被せ、中には御神体、稚児人形を乗せずに巡行したものもあったようです。

山鉾巡行が、洛中の各鉾町主体なのに対し、夕方から、洛東の八坂神社(祇園社)主催の神幸祭
が行われます。八坂神社の神輿三基が、6時に八坂神社石段下を出発、社前町の祇園を通り、四条大橋を渡り、四条寺町まで巡行し、「御旅所」という場所に24日まで奉安されます。

夕方には雨が激しくなっていました。神幸祭は実施されてないだろうが、四条界隈の様子を見たいと思い、退庁後、寄り道しました。河原町丸太町で、帰宅のバスを降り、四条河原町、四条大橋、四条川端、三条大橋というルート(京都観光する際、お勧め!)を巡るバスに乗り換えました。しかし、バスは、河原町御池(西北角が市役所、東北角が長州藩邸跡)からルート変更。四条河原町に南行すべきところ、東に向かい、御池大橋で鴨川を渡り、川端通りを南下、三条京阪バスターミナルに着きました。
土砂降りの中、神幸祭は実施されていたのです。三条京阪バスターミナルは祇園の西北端にあります。バスの折り返し発車の間、目を凝らして周囲を見ると、数十人から百人程の若衆がみえました。神輿を担ぎ終えた氏子集団なのか。雨に濡れた上下の法被は白というより肌色に近くなっていました。その後、同じく雨の中、三条河原町で、四条河原町に向け、鎧兜の騎馬武者を先頭とする百人余りの行列も見かけました。

祇園祭巡行が中止されたのは、応仁の乱、太平洋戦争、四条通地下での阪急延伸工事の際の三回だけだそうです。山鉾町の保存会の人々や八坂神社・その氏子の人々にとって、平安時代初めに始まり、先祖から代々引き継がれてきた行事を自分たちの代で、大雨ごときで中止することはできないという思いがあるのでしょう。

実は、祇園祭は、7月の初めから終わりまで続きます。24日には、17日の巡行の3分の1程ですが、後祭りの山鉾巡行があります。24日夜のニュースでご覧下さい。
 

東京スカイツリーと女の子

 投稿者:サキハン  投稿日:2015年 7月16日(木)18時11分48秒
返信・引用
  https://youtu.be/Jz0bQAm8Aec

2月に東京スカイツリーを見てきました。

https://youtu.be/1eeZZfk5DrA

 

 仰げば 愛おし わが早春

 投稿者:サキハン  投稿日:2015年 7月16日(木)12時57分45秒
返信・引用
  読みずらいのでもう一度。


    スイヌムイ
1  仰げば 懐かし 末吉の森 あの頃
             シジュウグニン
 松原 旅立ち はや 四十五年

 学びし 遊びし 松島台

 いとおし あの頃 わが早春

2  互いに 飛び出し 世の荒波 これまで

 伴侶と 子育て 家を建て

 身をたて 名をあげ 牛馬になり

 今こそ 迎し 還暦年

3  飲みすぎ 食べ過ぎ わがこの身よ これから

 膝i痛 腰痛 これからだよ

 親診る 子を観る 我どうする

 今こそ 集いし 友の絆

https://youtu.be/1eeZZfk5DrA

 

那覇市の風景

 投稿者:サキハン  投稿日:2015年 7月16日(木)12時43分44秒
返信・引用
  https://youtu.be/yYZ4tx_SC8c

昨年の還暦同期会のあと、中学校の還暦同期会をすることになり 還暦の仰げば尊し
を作りました。
 那覇市の風景のBGMのタイトルは、”還暦スキップダンス”です。


仰げば 尊し  仰げば 愛おし わが早春

<歌詞>     スイヌムイ
1 仰げば尊し わが師の恩 1 仰げば 懐かし 末吉の森 あの頃
                                                      シジュウグニン
 教えの庭にも はや いくとせ       松原 旅立ち はや 四十五年

 おもえば いと疾し(とし)このとし月   学びし 遊びし 松島台

 いまこそ 別れめ いざさらば   いとおし あの頃 わが早春

2 互いに むつみし 日ごろの恩     2 互いに 飛び出し 世の荒波 これまで

 わかるる後にも やよ 忘るな       伴侶と 子育て 家を建て

 身をたて 名をあげ やよはげめよ   身をたて 名をあげ 牛馬になり

  いまこそ 別れめ いざさらば       今こそ 迎し 還暦年

3 朝夕 慣れにし 学びの窓  3 飲みすぎ 食べ過ぎ わがこの身よ これから

  蛍のともし火 つむ白雪(しらゆき)    膝i痛 腰痛 これからだよ

  忘るる まぞなき ゆくとし月    親診る 子を観る 我どうする

  いまこそ 別れめ いざさらば    今こそ 集いし 友の絆

https://youtu.be/1eeZZfk5DrA

 

エンジョイしています。

 投稿者:g・k  投稿日:2015年 7月16日(木)01時22分9秒
返信・引用
  皆さんお変わりありませんか?  退職してエンジョイしている私です。先日、北海道に行ってきました。二十歳の記念にと北海道旅行をしてから、実に40年も行く機会がありませんでした。

「北海道はでっかいどう」と、確か当時そんなキャッチフレーズがあったと思いますが、再度訪ねてみてもまさにその通りで、どこまで行っても果てしなく、道がつづき、田園風景や、雪がまだ残る大雪山の景色、緑に覆われた大草原を見るにつけ、自然に圧倒されました。

 でも、高台からどこを眺めても、海が見えないことに違和感を感じ苦笑すること仕切り・・・・四方を海に囲まれて育ったウチナーンチュだからですね

小樽では、1時間半も待って、有名な回転寿司でおいしい海産物をいただきました。
この年にして、初めて、生のサーモンや、甘エビ、を食べることが出来ました(笑い)

旅をして感じることは、どこへ行くにも「体力勝負だ」と言うこと、健康でなければ旅行も苦痛となり、景色に感動したり、おいしいものを味わう楽しみを得ることも出来ません。

 その意味でも、お互いに健康に留意して、これからの人生を謳歌していきたいものですね。

退職した今でこそ、エンジョイして、飛び回っていますが、この38年の間に、就職、結婚、出産
育児、両親や、兄弟・義父母の死、自分の病気入院、回復、復職、子供の結婚、退職・・・・・いろいろなことがありました。

 みんな、同期だから、ほとんど同じような経験をされたのではないかと思います。

その時はつらいけど、私はいつも、「見なければならない、しかし、流されてはいけない」という言葉を胸にしています。鬱のときもありましたが、どうにか、クリアーして、現在にいたってます。

昨年の同期会に参加したとき、。那覇高校26期生のみんなが、各分野で活躍されているのを見るにつけ、よし、私も頑張らなくては・・・とパワーをもらって帰りました。心底嬉しかったです来年も、又、同期会が開催され、元気な笑顔で26期生が一同に会し再会出来ることを楽しみにしています。皆さん、お元気で。

来年祈っています。皆さんお元気で。
 

(無題)

 投稿者:K  投稿日:2015年 7月10日(金)18時05分39秒
返信・引用
  1歩を踏み出すのは大変かもしれないが、経験者として似たような悩みを抱えている同級生へ経験談を。参考になるかならないかは置いといて、私の場合は、親の死、親の介護、リストラ、そして介護していた親の死と立て続けに色々なことが重なりボロボロ状態でした。テレビを見るわけでもないのにつけっぱなしでウトウト。外に出る気もなく一日中ゴロゴロ。暇なので子供の部活の送迎をしているうちに、部活の役員をお願いされ、どうにか1歩を踏み出すことができました。しかし、それがなければ1歩下がり、集まりがあると、1歩前進の繰り返しでした。2歩目は、同期会に参加したとき、あれよあれ、と記憶力の乏しい会話を交わしているうちに、模合にさそわれ、その後仕事も決まり3歩目、4歩目と前進することができるようになりました。
今も、仕事に行きたくないとが思うこともあるのですが、楽しいことをするためには頑張ろうと少しずつですが、前向きになれた気がします。
 話は変わりますが、何かの本で読んだ中に、妄想するのが老化防止のは1番だと書かれていて、同期会の際に昔憧れていた同期生を見つけ、彼女に恋をするというテーマを作り現在実行中です。意外と楽しいですよ。
話が訳分からなくなりましたが、来年行われる同期会を楽しみにしています。
 

Re: Mさんへ

 投稿者:M  投稿日:2015年 7月 3日(金)16時18分12秒
返信・引用
  激励のメールありがとう。
どなたか知りませんけど。(^_^)
他の方から励ましのメールが来るとは
意外でした。
優しい方ですね。
散歩会や珈琲会賛成です。
これからは積極的に同級生とも交流せねばと思って
います。
男性の平均介護年齢は70才だそうです。
道元気に歩けるのは後何年だろう。
階段で二階に登りながら
俺は後何年この生活が出来るだろう。
そういったことを最近ふと思ったりします。
私だけでしょうか?
励ましてくれてありがとう。
心強くなりました。
 

Mさんへ

 投稿者:S  投稿日:2015年 7月 3日(金)12時33分38秒
返信・引用
  久しぶり掲示板です。 Mさんこんにちわ 外出できるようになって良かったですね。 厳しい暑さの毎日、 頑張り過ぎず ゆっくりリズムで暮らして下さい。 気晴らしのヒントも意外にヒョンな場所に落ちているかも です。掲示板または 山里会長経由でつながりましょう。連絡下さいね。Mさんだけでなく 同期会の皆さんで暇してトウルバッテいる皆さん  例えば夕方散歩など 何処かで集合する機会を作りませんか? アルコールはナシ。元気に飲める方々はまた別の機会に  

Re: 生きていればこそ・・・徒然なるままに

 投稿者:M  投稿日:2015年 7月 1日(水)07時59分31秒
返信・引用
  たいへん、たいへんありがとう。
難しい質問で、賢くんも閉口し、
もしや返事が返ってこないのではと心配して
ました。
でも、さすが那覇高校、そして某有名大学、
そして人生経験豊富さ、言うことがやはりちょっと
違っていたと思いました。
そして、何より嬉しかったのが、何十年も合ってない
人間に対して、心配し、メールをくれたことです。
山本コータロ-に感じるcoolな中の優しさ、それが、そちらにも感じます。
人生観とても参考になりました。人間の証明ですね。
映画があればじっくり見てみたいと思います。
体調はだいぶ回復しました。歩くのも困難な状態から
昨日は久しぶりの遠出?セルラーでプロ野球見て来ました。
関西に住んでいるんですか?関西は楽しいですか?
実は、去年までよく大阪行きました。LCC利用して。
体調回復したら、また行こうかな?関西でお薦めスポットありますか?
僕の返事早かったでしょ。お礼が言えなくて病院送りてことになり、そちらへの大事なお礼が言えなかったとなったら一生後悔しますので、早めに返信しました。人生何があるかわかりませんので。
そちらも健康に気をつけて。
今回は難問投げかけて申し訳ない。
でも、そちらからの暖かな返事、勇気をもらいました。
どうも、ありがとう。

 

生きていればこそ・・・徒然なるままに

 投稿者:宮里 賢  投稿日:2015年 7月 1日(水)00時11分23秒
返信・引用
  Mさん、沖縄はかなり暑いようですね。
体調が万全ではないようですね。程度の差はあれど、我々の大部分が、これまで或いはこれから、Mさんと同じ思いに悩まされるのでしょうね。
私は俗人なので、気の利いたことは書けません。そこで、後にも記しますが、様々な人の生き方、同期生を始めとする多くの人の意見の一つとして、徒然なるままに読んでいただければと思います。

私は、沖縄で生まれ育ったこともあり、戦争で過酷な状況に置かれた人に関心があります。日本は、先の大戦で中国・東南アジアの人々等にに災厄をかけましたが、日本人も300万人亡くなったと言われていますね。そのうち、将兵が240万人で、一説では、その過半数が衰弱による戦病死や餓死だそうです。そのような戦場から生還した兵士の多く(体の一部を失った人も含め)が「戦友に申し訳ない」との思いを述べられます。
何故でしょう。生還した後も辛いことはたくさんあったはずです。60代、70代、80代にもなってからは闘病中の人も多かったはずです。 しかし、それでも、その人達は、家族や故郷の懐かしい人々のもとに生還し、或いは新しい人と出会い、家族や友人関係を築くことができた。辛い経験があり、現在、心身ともに苦しいけれども、楽しい思い出もあり、また、自分を案じてくれる人がいるからでしょう。
自分は、生還し生きていればこそ、苦しみもあるが、楽しい思い出もあり、自分を案じてくれる人もいるという思いがあるからでしょう。

たしか、お釈迦さんも、まだシャカ族の王子の時、都の門で、老人、病人等を見て、生老病死について悩み、長い修行の末、悟りを開いたのでしたね。
私は、悟りとは程遠い煩悩の塊です。また、この世以外の天国・地獄や唯一絶対の造物主なるものを信じきれないので、次の様に考えています。
「地球上の人間・動物」は、何らかの「意味があって存在している」のではないと思います。
しかし、あなたも私も、そしてこの掲示板をご覧になっている皆さんも大変な偶然・条件が重なって生存しているのですよね。何も進化論を持ち出さなくても、私たちの両親、或いは祖父母・・・が生存し巡り合わなければ、私たちは存在できないわけです。よく言われるように、存在していること自体が凄いことですよね。

 もしかしたら、私は、将来「苦しみながら死んでいく」のかも知れません。それでも、産まれてこられたことに感謝します。この60年、思い描いていたように過ごせたわけではありません。しかし、まだ、やりたいことがありますし、楽しい思い出もあるからです。その中には、当然、同期生の方々との思い出もあり、また、語り合いたい同期生も大勢います。
 やや、気障になりますが、私たちは、何らかの「意味があって存在している」のではなく、それぞれの「存在している意味」を作っていくものだと思います。

 次に、悩まれておられるあなたに、ささやかな(かつ平凡かも知れないものの実践的な)提言です。
 人が悩んでいる場合、最も参考になるのは、同じ悩みを有する人、同じ状況にある方の言動・対処法・生き様でしょう。
身体的な病については、同じ病を患った方の闘病記が、病自体のの克服ないし共存並びに精神面の支えに役立つでしょう。
  Mさんは「仏教合同慰霊祭」に参加されておられるようですから、病の身体的な悩みよりも、お釈迦さんのように、人の生老病死について悩まれておられるのかと思います。不信心者の私があなたに言うのは「釈迦に説法」ですが、お釈迦さんやイエスを始めとする宗教家や偉人とされる人の生き様を、伝記等で読んでみられたら(伝記は多くの場合、実際より教訓的・感動的に書かれてますが)。
  生き様という点では、映画やテレビ番組(8月のの終戦特別番組やかってのプロジェクトX等)にも参考になるものがあります。個人的には、五味川淳平原作・小林正樹監督・仲代達也主演「人間の条件」六部作、小林正樹監督編集「東京裁判」を推奨します。

 そして、Mさん以外の同期生のあなた。
26期生には、お医者さんだけでも県内外に40人強の人が存在し、更に、薬剤師の方、看護師・介護士、病院運営関係者の方を合わせれば、100人以上の医療・介護関係者がいらっしゃるはず。また、教師の方も50人程はいらっしゃるでしょう。
医療・介護関係者、教師の方、そして、肉親の介護や別れを経験されたあなた。
 程度こそ異なっても、Mさんと同じ悩みをお持ちの方は多いと思います。
仕事や経験に裏打ちされたあなたの意見や提言・情報提供が、そのような方々の悩み解消に役立つのでは。

 この掲示板。たまには、そういう意見や提言・情報提供があっても良いのでは。
余り重く考えずに、気軽に投稿されてはいかがでしょう。
?
 

最近の那覇高校

 投稿者:26期卒業生  投稿日:2015年 6月27日(土)09時10分35秒
返信・引用
  よく近くを通るので、昔を懐かしみながら
校舎を見たり、学生を見たりする。
那覇高校生見るとなんと可愛い顔、孫ですね。(^_^)
今の那覇高校はとても部活が盛ん。
放課後みんな汗だくになりながら、スポーツや吹奏楽
などに頑張っている。
去年はバレーボール女子が優勝、今年はサッカー男子が優勝、
剣道、マーチングバンド、吹奏楽など県内では有名なようです。

 

Re: 慰霊の日・・・二中健児の塔

 投稿者:M  投稿日:2015年 6月26日(金)20時29分0秒
返信・引用
  慰霊の日の前日仏教合同慰霊祭があったので
行って来ました。
私事で申し訳ない。楽しい話できませんけど。
実は今年に入ってどうしたことか
突然の体調不良。
高齢者のためかなりダメージを受けた。
病気になるといろんなことを考えてしまう。
僕は賢くんの雰囲気がとても好きです。
頭の良さそうなハキハキとした感じ。
それで、僕の現在の悩みに答えていただきたい。
今後の参考にしたい。
それは、
地球上の人間、動物はどういう意味があって存在しているのか?肉親が年老いて苦しみながら死んでいくのを見ると、苦しむぐらいなら最初から産まれなければ良かったのではと思ったりする。
病気中なので、ネガティブになって申し訳ない。
是非賢くんの考えが聞きたい。
すいません。
 

慰霊の日・・・二中健児の塔

 投稿者:宮里 賢  投稿日:2015年 6月26日(金)19時52分33秒
返信・引用
  6月23日、今年も慰霊の日を迎えましたね。

摩文仁の戦没者追悼式での高校生の詩。若くして夫を亡くし、再婚せずに戦後70年を生き抜き、今や認知症を患いながらも夫を思う大叔母の哀しみを詠んでいましたね。皆さんにも身近に似たような方がいらっしゃる人もおられるでしょう。

二中健児の塔慰霊祭。同期生の方も参列され、城岳公園で滞りなく営まれたようですね。
沖縄戦から70年、我々の卒業からでも42年。大きく変わった点がありますね。

それは、健児の方の親御さんの存在です。
我々の那覇高在学中の二中健児の塔は、奥武山公園のプール傍の不便な場所にあり、慰霊祭はそこで営まれていましたね。我々の那覇高校在学中は、御健在の親御さんも多く、多数の親御さんが慰霊祭に参列されていらっしゃいました。
人にとって、最も不幸なことの一つが、我が子に先立たれることでしょう。親御さんが、成長を楽しみにして育て上げ期待もかけたであろう息子さんが、十代で前途を閉ざされたわけですよね。
向かい合う形で参列されておられる親御さんを思うと切なかったですね。
息子さんは、参列している当時の我々那覇高生と同じ年頃でなくなっており、また、もし息子さんが健在なら我々位のその子がいたかも知れないのですから。
二中健児の親御さんや、追悼式で詩を詠んだ高校生の大叔母のような方の哀しみは繰り返したくないですね。

湿っぽい話になってしまいました。この話では、「徒然なるままに」は差し控えます。

今年三月まで、現在の那覇高校の校長であった儀間清隆君、その前任の那覇高校長であった山田保君。
現在の那覇高校の楽しい話を書いてもらいたいな。そうでしょう、御同輩の皆さん。

 

三条木屋町界隈・・・徒然なるままに

 投稿者:宮里 賢  投稿日:2015年 6月21日(日)01時13分27秒
返信・引用
  M君、有難う。「岬めぐり」や美濃部亮吉都知事の物まね入りの「走れコータロー」は好きな歌です。来年の同期会では「数十年」ぶりにお会いしたいものです(山里君、期待しています)。

さて、大河ドラマ「花燃ゆ」は明21日で「池田屋騒動」シーンもあり、いよいよ幕末の激動期
が描かれるようです。そこで、皆さんの中で散策された方も多いと思われる、三条木屋町界隈と関係事件・人物について記します。半径300メートル程、那覇なら、モノレール県庁前駅を中心にして、県庁前交差点から日銀(商業高校)前交差点くらいの範囲をイメージして下さい。

江戸時代の東海道。「お江戸日本橋、七つ発ち、初上り・・」の大名行列や旅人の、上りの終点であり、東下りの起点が、鴨川に架かる三条大橋。その三条大橋を西へ。先斗(ポント)町を過ぎ50メートル余で、南北に流れる幅4メートル程の小川があります。森鴎外の「高瀬舟」の舞台、高瀬川です。江戸初期に、角倉了以によって開削された運河で、洛中と伏見の中書島(大坂方面への玄関港)とを結んでいました。この高瀬川が流れ、両側に居酒屋などが連なる幅10メートル前後の風情のある通りが木屋町通りです。

東西の三条通りと南北の木屋町通りが交わった地点が三条木屋町。高瀬川に架かる橋が三条小橋。現在、観光客と共に大学生など若者が多く行き交うこの界隈。志途中で倒れた者、明治の元勲となった者。幕末も多くの若者がこの地に足跡を残しています。

先ず、池田屋。三条小橋から、西へ50メートル弱の場所。現在、「旅籠居酒屋」となっています。1864年6月(旧暦、以下同様)、宮部鼎三ら長州系の志士らが新選組に襲われ、10人以上が死亡。このとき、松下村塾四天王の一人、吉田稔麿は長州藩邸まで助けを求めた後、死亡したとされています。池田屋から西へ100メートル程で河原町通り(那覇なら国際通りに相当)。そこを北に曲がると、当時は加賀藩邸。そのまま200メートル弱走ると長州藩邸でした。
ちなみに、「逃げの小五郎」と呼ばれた桂小五郎は、池田屋が襲撃された時、運良く、近くの対馬藩邸に寄っていたそうです。その後、禁門の変(蛤御門の変)で敗れた後、鴨川の河原で乞食を装って、幕府の追及を逃れたそうです。その際、三条木屋町の北側の置き屋の芸妓・幾松が身の危険を冒し握り飯を運んだそうです。後の木戸孝允夫人・松子です。
長州関係でもう一人。村医者出身ながら西洋兵学を修め、第二次長州征伐や上野彰義隊討伐で功績を挙げた大村益次郎。明治初期、徴兵制による近代陸軍創設に着手し、三条木屋町近くの宿で不平士族に襲われ、大阪で死亡しています。

また、同じく西洋兵学を修め、勝海舟、吉田松陰、坂本龍馬の師であった佐久間象山。三条木屋町近くの路上で、尊王攘夷の志士に殺害されました。
そして、象山にも学んだ坂本龍馬。その龍馬が率いた海援隊の拠点が置かれた「酢屋」。実は、池田屋の真南、50メートル程の場所にあります。三条通りの一筋南の通り(現龍馬通り)に面しています。 龍馬の先輩で、土佐勤皇党の頭領・武市半平太の京での住まいも三条木屋町を少し南下したところにありました。龍馬や半平太が三条木屋町近くに住んだのには理由があります。木屋町通りの三条と四条のほぼ中間に土佐藩邸があったのです。
そして、薩長同盟に貢献した坂本龍馬と中岡慎太郎が殺害された「近江屋」は、土佐藩邸のほぼ真西100メートル強の河原町通り沿いにありました。

ところで、坂本龍馬が殺害された宿を「寺田屋」と誤解している人もいらっしゃると思います。
寺田屋は、高瀬川の終点、伏見の中書島にある舟宿です。薩摩の伏見藩邸に近く、薩摩藩士や、龍馬のような薩摩系浪士がよく投宿していました。たしかに龍馬は寺田屋投宿中に伏見奉行所の役人に襲われ負傷したものの、薩摩藩邸に匿われ助かっています。
実は、寺田屋は沖縄とも少し関係があるのです(やや、強引ですが)。池田屋騒動の2年前。歴史的には、池田屋騒動以上に大きな影響を及ぼした寺田屋騒動があったのです。薩摩藩の西郷・大久保等の誠忠組内の尊王攘夷急進派を、島津久光の命を受け、同じ誠忠組藩士が鎮撫した事件です。この時、10人程が同志打ちで死亡していますが、鎮撫士側の中心である大山格之助(綱良)奈良原喜八郎の捨て身の説得で、西郷従道、大山巌等が帰順しています。その奈良原喜八郎が後に1892年から1908年まで沖縄県知事を務め、戦後日本のマッカーサーのような存在だった奈良原繁です。

幕末、明治維新直後以外に三人。池田屋から100メートル程、西へ行くと河原町通りと述べました。そこから西側歩道を北に50メートル程行くと小さな通用門があり、「本能寺」と書かれています。そうです。その通用門の20メートル程西側からは本能寺の境内なのです。もっとも、織田信長が明智光秀に討たれた時は別の場所にあり、秀吉の時代に現在地に移したものですが。
三条木屋町から北へ500メートル程の二条木屋町。鴨川から水を引揚げた高瀬川の起点近く。角倉了以邸がありました。志半ばに倒れた志士と異なり、幕末・明治維新を生延び、元勲となった山県有朋が買取り、「無鄰菴」と名付けました。ちなみに、四月に名前だけ記した岡崎にも「無鄰菴」があり、1903年、そこで、もう一人の元勲・伊藤博文と桂太郎首相とで「無鄰菴会議」を行い、対ロシアの基本方針を決定しました。

つい見過ごしてしまう、繁華街のここかしこ、ごく普通の住宅街に、歴史の跡が残っている。京都はそういう街です。
他府県の人には、沖縄の良いところ、知られていないことを話したくなります。それと共に皆さんには、十代から過ごしている京都のことを話したくなります。
「花燃ゆ」ご覧のついで等、徒然なるままに読んでいただければ幸いです。


 

10年は一昔

 投稿者:松川  投稿日:2015年 6月20日(土)14時41分9秒
返信・引用
   このホームページができて早10年になりました。投稿者、見てるだけの人併せて14,000件余り渡久地君、大城君頑張ったね。2~3年持てばいいかと考えていたが(当初はホームページ使用料に金が掛かっていました)・・・。
 利用者は当初よりは増えたと思われますが、まだまだ少ないです。みんな定年して暇?だと思うのですが。いつもの顔ぶれで行われた同期会の幹事会でも、ホームページの存在感が薄いという指摘もありましたので、更なる利用をお願いします。
 

Re: 「そうだ京都行こう」・・・徒然なるままに

 投稿者:M  投稿日:2015年 6月15日(月)16時23分13秒
返信・引用
  久しぶり 元気そうじゃないか。
高校2年一緒の組だった。
1年もだったかは、はっきりしない。
君見てると、山本コータロ-を思い出す。
卒業して道で二度ほど会っている。
最後に会ったのは、数十年前ダイナハの横断歩道。
内気なので名前は伏せておきます。
懐かしく思いました。
本人への直メールが出来るといいけれどね。
 

上京雑感

 投稿者:g・k  投稿日:2015年 6月 5日(金)01時15分53秒
返信・引用
  同期生の皆さんお変わりありませんか?
3月31日付けで教職37年の勤務を無事終えることが出来ました。4月はじめから、上京し、県外の教職につくことになった娘宅に行き、8年ぶりに、お母さんをしてきました。朝早く起きてお弁当を作って送り出し、温かい夕飯を作って一緒に食すること40日・・・・

 ヤマト生活をしたことのない私は、電車の発着時間の正確さに驚かされました。
1分でも遅れると、電車は発車しますね。常に電車の時刻を意識して行動しないといけない
ことを60歳にしてわかった次第です(笑)。

上京している間に、2本も映画を見ました、(1年に1回見るか見ないかの私が)

そして、なんと高校の修学旅行以来の44年ぶりに、江ノ島湘南海岸へ行ってきました。
16歳の頃、これが有名な湘南海岸?と海岸の砂の黒さに驚かされたあの湘南海岸です。あたりは観光地化されて、人だかりでいっぱいでした。

 千葉県のドイツ村にも行ってきました。芝桜の紫色のグラデーションが素晴らしかったです。


そうそう、桜吹雪も生まれて初めて見ました。風にそよぎ、はらはらと舞い落ちる花びらの光景は、何ともいえませんね。本土の大学に行かれた方々は、毎年3月から、4月にかけて桜をごらんになっていたのですね。4月はじめ、近くの公園や、道ばたで、春を思わせるいろいろなかわいらしい花を見つけるにつけ、うれしくなりました。

ほんの少しでも、ヤマト生活を味わうことが出来よかったです。そして、やはり、生まれ育った沖縄のすばらしさを再認識することができました。

上京の際、高校時代の友人にも会いました。

みんな、故郷沖縄の良さを、感じながら、それぞれの仕事を頑張っていました。私は退職しましたが、また、6月から、自分が出来ること、応援できる分野で、小学生と関わっていこうと考えています。

又、いつか皆さんとお会いして、ユンタクできることを楽しみにしております。

  追伸、上京する前、4月2日3日1泊2日で、屋我地にある、大友さんが経営している「アロハホテル」に行ってきました。最高の景観で、ゆっくりとくつろげる、癒しの隠れ家的ホテルでした。バーベキューと、鮮度の高い地元の生ビールは最高でした。

ホテルの直ぐそばに、石垣牛のステーキやタコス、サンドイッチを扱うレストランもあり、おいしい昼食を頂くことが出来ました。

皆さんも、是非、一度行かれてみて下さい。7-8人で、夜中まで、ユンタクして最高でしたよ。
 

レンタル掲示板
/20