teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


ありがとう

 投稿者:ドラトップ  投稿日:2008年12月16日(火)23時55分33秒
返信・引用
  何人がここを見ているかわからないけど、みんな
ありがとう
 
 

Re: 定演モード

 投稿者:こんみす  投稿日:2008年10月31日(金)13時57分46秒
返信・引用
  > No.13[元記事へ]

もっと本気出せますか。


全員でいいものを絶対に作るんだ、


という気持ちを持ち続けることを忘れないこと。
忘れていた人は、今から定演まで、思ってください。
あとはそれを態度で示さないと。

4回生が少ないから、だから4回生が態度でしめすことがとっても
重要になってきます。一人ひとりが。いやというほど自覚していると思いますが。

ほんとうにしんどいと思います。でも自分だけじゃない、一人でしんどいことは、4回生同士、いたいほどわかっているし、わかってくれていることが、それがわたしもいくらか救われています。


合奏で厳しいことを言うという形だけではなく、練習時間を増やすでも、練習中のオーラでも、
むしろそれによって伝わるものがあると強く思います。
一生懸命な人を見て、がんばろうと思う人
はたくさんいるものです。私も、どらトップを見て、
負けないくらいがんばろうと思っているように。


しんどいのがやっと終わった・・!という、だけ、の定演には絶対にしないでほしい。終わる、定演なんて、しないほうがいい。


でも

最後まで、絶対に、マンオケ全員でいいものを作りたい。


と強く4回生全員が思い続けること。
特にトップは。気持ちがあるのもないのも、下回生には必ず、伝わりますよ。

凡庸な演奏と、聴衆の心を打つ演奏は紙一重です、といわれたことを覚えていますか。

気持ち、です。
いいものを作りたい。
一人でも多くのパート員が4回生をみて、
がんばって、気持ちのこもった演奏をさせられるように。

しんどくてやってきて、決して完全じゃなくても、完全に近い形でいいものが作れた、
報われた、と思えるように。

私も、もっとしんどくなる覚悟はできています。



たったの最後6週です、もっと本気だせますか。




もうひとつ。がんばっている人が悲しむような6週間にだけはしない。

一丸となってがんばっていきましょう。


                         コンミス
 

定演モード

 投稿者:ドラトップ  投稿日:2008年10月23日(木)05時03分1秒
返信・引用
  こんばんは。
ここを見ている人が何人いるだろうかと思いますが、ちょっと思うことあったので書きます。

定演まで残すとこ51日、113演奏会までは11日となりました。
最近のボックスを見ててですが、どうも定演モード、演奏会前という感じがしません。
定演にむかう気持ちは人それぞれだと思いますが、もうちょっと各パート士気を高めてもらえたらなと思います。
別に自分のパートの士気が高いと思ってるわけでも、曲が特別できているわけでもないですが、どうも全体としてそういったものが感じられません。
僕自信至らない点は多々ありこんなことを言うのは申し訳ないです。まずは自分のパートからとも思っていますが、なかなか難しいものです。
こんなことを書いて不快に思われるかもしれませんが、少しでも良い依頼演奏会、定演にしたいのです。
もしご意見等あれば書いていただけると助かります。では。
 

3-2

 投稿者:ドラトップ  投稿日:2008年 9月14日(日)14時07分18秒
返信・引用
  選曲ノートにいくつか出しましたが、
そのうちのひとつ、
フォーレのパヴァーヌの音源です。
(PCでしか聞けません)
http://www.voiceblog.jp/andotowa/439775.html

依頼演奏はシンフォニア+愛の悪戯で良いでしょうか。
 

投票

 投稿者:ち-ふ  投稿日:2008年 9月10日(水)16時04分48秒
返信・引用
  やっぱり2曲のほうがいいんじゃないかと思います。
理由は、
・他に演奏するところもあるのに、最後にこの3曲を40分も続けて聞くのはしんどいと思う。
・2、30分といわれていたところを大幅に超えるのは、いいといわれたとはいえ、迷惑なのではないか。
・重い曲を長々と続けてだるいと思われると、宣伝効果としてはかえって薄くなりかねない。

シンフォニアはやるとして、もう1曲を悪戯にするか劇的にするかは、すごく悩みます。
定演までの練習の計画や、12月までに劇的に飽きてしまうのではないかということを考えたら、愛の悪戯をする方が絶対いいです。
怖いのは出来ですが、1ヵ月あったら完成度は低くてもまあまあ形は間に合うかなとは思います。
劇的がサマコンであまりうまくいかなかったとはいえ、愛の悪戯も定演いきなりするのは怖いです。

こうやって冷静に考えたら愛の悪戯をやるほうがいいとわかるんですが、やっぱり劇的したいなあとは思います。
もう少しかんがえますが、前書いたのと全然違うことになるかもしれないので、一応書いときます。
 

(無題)

 投稿者:さぶ  投稿日:2008年 9月 9日(火)13時03分22秒
返信・引用
  遅ればせながら僕の意見を述べさせて頂くと、1部曲に関してはシンフォニアのみで良いのではないかと思います。
理由は、演奏時間の問題もありますが、夏の庭を加えるとなると11月の演奏会に向けてそれなりに力を入れてやらなければならず、(演奏会でやらないからといって手を抜けるわけではありませんが)僕としてはまずエグモントとシンフォニアに力を注ぎたいと思っているからです。

他の曲については、時間が許すならば愛の悪戯と劇的の両方をやってはどうかと思います。
悪戯は新曲ですし、できれば一回ステージで弾いといた方がいいと思います。
劇的に関しては、難しい曲であることをサマコンで実感しました。一奏者としてその反省を踏まえて、定演前にもう一度ステージの上でやっておきたいからです。
時間的にどちらか一方しかできない場合は、比較考慮になると思いますが、個人的には劇的を推します。(意味あるものにするためには緊張感を保ち続けながら取り組まなければならないと思いますが…)
あるいはシンフォニアの変わりに悪戯をやるという選択肢もないわけではないと思います……。

演奏会プログラムのバランスを考えるのも大事だと思います。
しかし一回の演奏会のプログラムよりも定演を見据えて、上に挙げた3曲をやってはどうかと、情けない意見ではありますが現段階ではそう考えています。

だらだらとした文章になってしまい申し訳ないです…。
 

依頼者側からの内容

 投稿者:ドラトップ  投稿日:2008年 9月 9日(火)11時56分36秒
返信・引用
  質問がありましたので、掲載します。
依頼者側からの内容です。
演奏時間はだいたい20分(そのうえでの15~30分)とのことで、あまり時間が長すぎると…と言われました。ただ曲数は二曲でも三曲でも良いようです。
昨日連絡したところ電話でられなかったで、今日あらためて「30分を超えて(シンフォニア+悪戯+劇的+調弦)40分近くの演奏にできないか」と聞いてみます。先日は時間を超えることについて質問しただけなので、頼めば変わってくるかもしれません…
あと選択肢に愛の悪戯+劇的、も追加します。
できましたらもう少し意見がほしいです。とりあえず今日例の三曲ができるか聞いてみるので、わかりましたらまた連絡します。
 

(無題)

 投稿者:チェロ  投稿日:2008年 9月 5日(金)12時49分29秒
返信・引用
  シンフォニア、愛の悪戯、劇的の3曲やるのは確かに練習になっていいかもしれんけど、
依頼演奏の曲目としていかがなものか、と思わざるを得ません。
主催者側が20~30分と言っているので、
相手側は10分位の曲×2、もしくは小品×3を想定しているのではないでしょうか。
あくまでメインは向こうですし。

そう考えると「シンフォニア+舞踊風組曲第2番」が良いんではないかと思います。
派手で勢いがあって後味も悪くないので演奏会のトリには相応しいと思います。

でもこれだと1回生が出れないので舞踊風は却下。
エグモントはサマコンで思いのほかまとまっていたしわざわざ選ぶ必要もないかと。

それで愛の悪戯か劇的かということになるのですが、個人的に劇的を推します。
確かに劇的は一番長く練習している曲ですが、それでもサマコンではあのような有様でした。
少しでも劇的をホールで弾くことに慣れるために、今回劇的をやった方がいいと思います。

愛の悪戯は新曲ですし強化練も近々あるので後輩もある程度練習してくれると思いますが、
劇的はテコ入れしないとちゃんと練習しない気がしますし。
後シンフォニアと愛の悪戯を両方やる場合、どちらかがまだ強化練の最中だと思うのですが…。

というわけで、「シンフォニア+劇的序楽」を推します。


話変わるけど、曲は実際どうやって決めるの?
多数決?
 

(無題)

 投稿者:しきしゃ  投稿日:2008年 9月 2日(火)19時45分5秒
返信・引用
  先生に聞いたところ、シンフォニア、愛の悪戯に1曲足すなら夏の庭でどうでしょうかとのことです。
時間いっぱいまで使うのがいいですが、ここに劇的足すのは聞いてて重いのではとおっしゃってました。
愛の悪戯のパーカスは大変なら、別に無理に入れなくてもいいらしいです。

というわけですが、私の意見は、「シンフォニア+愛の悪戯+劇的」です。
重くていいと思います。
ただ、3曲だと曲間とか指揮者交代とか考えると30分で足りないと思います。
絶対超えるのがダメなら「シンフォニア(+夏の庭)+劇的」がいいと思います。

愛の悪戯はまだ合わせてないのでよくわかりませんが、この曲も難しい曲です。
京大でやったことないのでどんな出来になるのかも想像つきません。

でも、劇的はかなり弾けてないと「頑張っていた」という感想しかもってもらえないと思います。
「すごかった」「感動した」という感想を定演で持ってほしいです。
というわけで、劇的がいいです。
 

劇的

 投稿者:セカンド  投稿日:2008年 8月31日(日)16時38分1秒
返信・引用
  の難しさに関する考察。

劇的の難しさって、やはり刻みパートがないことだと思うんですよね。全パートが
旋律パートで、それが急速なテンポで絡み合っていく。だから1つのパートが不安定な
状態になると、それが全パートに影響する。ホールでは確かに聴こえにくくは
なりますが、刻みがあるとないとでは全然違うと思いました。エグモント、夏の庭が
ホールで弾きやすかったのは刻みのおかげで曲全体が安定化し、
ある程度の誤差は吸収されたんだと思います。
例えるなら、エグモント、夏の庭は極小点、劇的は極大点に位置していると思います。
どちらも1次微分は0で見かけ上安定ですが、極小点では2次微分が負、すなわち下に凸ですから、
ちょっと安定状態からずれても系には安定状態に戻ろうとする性質がある。エグモント、夏の庭は
そういう風に作られている気がしました。
でも極大点では2次微分が正、すなわち上に凸ですから、ひとたびずれるともう安定状態に
戻ってこない。むしろ積極的に崩れていく、劇的はそんな気がします。
劇的をホールでうまく弾くには、「他パートを聞かずに、指揮だけを見て完璧に」
弾けないとだめだと思いました。あと、サマコンであれだけ崩れた原因はやはり
緊張していたのも大きいでしょう。別に劇的だけ特に緊張していた訳じゃないと思いますが、
エグモント、夏の庭に比べて緊張が与える影響が劇的はあまりに大きいのでは
ないかと思います。「緊張しないようにする」ではなくて「緊張してても
弾ける」ようにしないとな、と思いました。
 

レンタル掲示板
/2